総量規制とは

総量規制について考える

お金を借りる際に、よく聞く言葉が、総量規制です。
この言葉、頭では知っていても、実際にはどんなものなのかって知らない人もいるでしょう。
簡単に言えば、年収の1/3までしか借り入れることが出来ないと言うことで、
これは個人向け貸付のみが適用され、法人向け貸付や個人向け
保証・法人向け保証に対しては対象となりません。

 

勿論そのお金の使用目的によっても異なり、例えば事業資金の為というのであれば、
総量規制には適用されないということで、一般的な個人の使用目的、
借金の返済の為や遊びの為の費用等と言った場合においては、適用されるということです。
借り入れ申し込み申請を受けた貸金業者は、利用者が他の金融機関等で借入を
していないか、している場合は現在どれだけの借金があるのかについて、
しっかりと調査していきます。

 

具体的に言うと、これから50万円を借りたいという場合、他の会社から借りた金額と合わせて
100万円を超える場合は、現在の収入証明書を明白にする為の提出が必要になり、
その書類から年収を算出して、1/3以下の借り入れかどうかをチェックするのです。

これが総量規制の仕組みなのですが、これは国が指定した多重債務対策ですので、
借金まみれにならない為にも、ご利用の際には計画的に借りるようにしましょう。

 

日ごろから必要最低限の利用を心がけ、くれぐれも、総量規制ぎりぎりに
引っかからない範囲額を借りることがないように心がけましょう。

 

総量規制の例外になるパターンとは?

 

総量規制という言葉が最近目立ってきましたが、これは何なのかというと、
個人向けの借り入れの場合、年収の1/3以内でしか借りることが出来ないという規定です。

 

多重債務による自殺者を減らす目的とされていますが、やはり借りたい人にとっては、
ある程度まとまったお金が必要な場合、この規定がネックとなってしまうのです。
そこで、この総量規制がされないような、例外的なパターンはあるのでしょうか?
この例外パターンを知らない人が多い故に、総量規制のかからないような
キャッシング会社を利用することにより、高い金利を毎月支払っているという
人にとっては、まさに必見です。

 

つまり、金利の低いキャッシングを利用出来るということですから、
出来るだけリスクなく借りたいと言う人にとっては、理想的な方法かもしれません。

では一体どんなパターンが例外なのかというと、まず家やマンションのローン、
マイカーローン、大学進学への学費ローン、突然の病気による医療ローン、
事業の為の事業費ローン等が挙げられます。

 

もし、今自分が、こういったローンを組もうと、総量規制で引っかかると思い、
規制のない金融会社を利用している場合、もしかしたら、それが高い金利になっていませんか?
自分では総量規制に引っ掛かると思っていても、実はそうではない場合が多いので、
専門家に診断を受けてみる必要があるのです。

 

まずは、こういった費用の為のローンを組もうとしている人は、
総量規制外であるということをしっかりと把握した上で、賢い借り方をしてみましょう。